股関節の詰まり感が筋膜への介入で改善

スポンサードリンク




 

順番がすこし前後したけど、筋膜マニピュレーション100人切り3人目。

 

リアル患者には時間をかけることができないので、近くの病院の理学療法士を片っぱしから治療していく計画です笑

 

今回も以下のルールで連絡を密に取りフォローアップしていきます。

 

 

100人切り3人目スタート笑

 

 

患者情報

 

 

Tさん

 

 

理学療法士

 

 

3年前に臨床実習でしゃがむ機会が多くなり股関節痛が出現。

 

 

4ヶ月前から右の腰痛出現。

 

 

股関節は他の勉強会に参加した時「構造学的に無理だね」と言われてそんなもんかって思っていたらしいです。

 

 

既往歴

 

12年前  右2,3指骨折

 

11年前   足関節捻挫 (固定なし)

 

7年前から5年前   シンスプリント

 

7年前   足関節捻挫 (固定なし)

 

5年前   足関節捻挫 (固定なし)

 

4年前   足関節捻挫 (固定なし)

 

外傷はなく、骨折は右の2,3指の骨折がありました。

 

内科疾患は5年前に副鼻腔炎があったようです。

 

仮説

 

既往歴を聞いていくと足関節捻挫やシンスプリントが多い。

 

右の足関節捻挫から上行性にシンスプリント、股関節痛、腰痛が生じたのでは?という仮説を立てました。

 

 

足部から腰まで【筋膜】の評価を進めていくことにしました。

 

評価

 

胸椎の伸展で腰部〜骨盤周辺に疼痛がVASで4程度。

 

股関節屈曲は100度で詰まるような感じでそこから他動的に動かそうとすると疼痛出現、VASで6程度。

 

アライメントとしては内側縦アーチの低下が左に比べて右が著明でした。

 

 

筋膜の評価

 

 

足首から股関節まで【筋膜】が硬くなっている部分がありました。

 

背中は左【筋膜】が硬くなっている部分がありました。

 

背中の【筋膜】の硬さが右に引っ張られている【筋膜】のバランスを取るために代償的に硬くなってしまっていると考え、治療は右の特に【筋膜】の硬さがあった下腿〜大腿から進めていくことにしました。

 

筋膜の治療

 

今回は①右大腿の前面、②右の腰部、③右の大腿の後面、④左の骨盤周辺、⑤左の腰部を治療しました。

 

結果

 

①、②、③のポイント治療後

 

あまり大きな変化はなく、腰の痛みも変わらないなーって感じ。

 

仮説があっているのか少し焦りました。

 

④のポイント治療後

 

疼痛を感じている部位に近かったので治療は後半に回していた骨盤周辺を治療すると、胸椎伸展時の腰椎の疼痛はかなり軽減し、復位の際の痛みも軽減しました。

 

股関節の屈曲は少し改善したかなって程度。

 

⑤のポイント治療後

 

胸椎の伸展は何回やっても疼痛はゼロになりました!

 

股関節の詰まり感も軽減し、かなり可動域も改善!

 

改善具合は動画を見てみてください!

反省点

 

途中結果が出なくて焦ったしまったけど、同筋-拮抗筋のバランスや左右のバランスを考え治療し終えると結果が出た。

 

自分が建てた仮説を最後まで信じてやりきることも大切!

 

そしてそれで結果がでなかった【筋膜】の影響は少ないって評価になるし。

 

そのためにもスキル不足で結果が出ないのか、仮説が間違っていて結果がでないのか検証ができない。

 

もっと触診、治療の練習を重ねていこう!

 

ということで今週末筋膜マニピュレーションの復習会メンバーで触診・治療練習、患者のディスカッションをするためにはるばる東京へ向かいます!

 

 

 

参考文献

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

筋膜マニピュレーション(実践編) [ ルイージ・ステッコ ]
価格:14040円(税込、送料無料) (2017/3/4時点)

 

 

スポンサードリンク 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です