「いまさら聞けない解剖学〜下肢編〜 in金沢」4月1日(日)に開催決定!

スポンサードリンク




・勉強会に行こう!と思ってインターネットを検索しても、北陸で開催されている勉強があまりないことに気がついた北陸の理学療法士・作業療法士の方

 

・勉強会に行きたいけど、県外に行くとなると交通費、宿泊費がかかるから諦めている北陸の理学療法士・作業療法士の方

 

・勉強会に行きたいけど、子供もまだ小さいから家を開けることができないと諦めている子育て中の北陸の理学療法士・作業療法士の方

 

大阪から石川に帰ってきて気がついたこと、それは『北陸には学びたくても学べる環境がかなり少ない』ということ。

 

北陸でも学べる環境を作りたい!北陸の医療のレベルを上げたい!北陸の人々を健康にしたい!

 

この理念を達成するためにも北陸で勉強会をたくさん開催していきたいと思います。

 

いまさら聞けない解剖学〜下肢編〜 in金沢

 

 

解剖学の再学習と再構築をコンセプトした講習会、「いまさら聞けない解剖学」。

 

今回は全国にて開催し、ご好評いただいている下肢編の開催です。

 

全身の運動器をテーマに国内外の研究や系統発生学、比較解剖学等を織り交ぜて講演を行います。

 

詳細

 

日時:4月1日 10時から16時 (休憩1時間)

 

場所:地場産業振興センター 第12研修室

 

 

会費:8,000円(当日会場払い)

 

申し込み方法:①氏名②所属③職種を明記の上、タイトルを『4月解剖セミナー』として kkrhokuriku@gmail.com までお申し込みください。

 

 

講師紹介

 

町田志樹先生

 

【所属】

 

臨床福祉専門学校 理学療法科 専任教員

 

順天堂大学 解剖学・生体構造科講座 協力研究員

 

【研究歴】

 

平成22年 順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 研究生

 

平成23年 順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 博士課程

 

平成27年  順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学講座 博士課程修了

 

平成27年  順天堂大学 解剖学・生体構造科学講座 協力研究員

 

【学会発表・論文】

 

学会発表20以上・論文10報以上

 

内容をチラ見せ

 

①下肢の発生について。上肢との遅いは何か

 

②腰神経叢と仙骨神経叢の走行

 

③股関節や膝関節のオペでは、何が侵襲されるのか

 

④「腸脛靭帯」とは何か?大腿筋膜との関係性

 

⑤仙腸関節の形状と個体差

 

⑥大腿四頭筋、ハムストリング、下腿三頭筋の形状の再学習

 

⑦深部外旋六筋の位置関係と構造

 

⑧膝関節の形態学的特徴について

 

⑨なかなか分かりにくい、足部の層構造を正しく理解する

 

動画で予習

 

 

 

終わりに

 

少しでも北陸の医療の底上げができるように、今後もセミナーを企画していきます。

 

また10月にはtotal body make つくばの吉田直紀先生にお越しいただく予定です。

 

その際クラウドファンディングで参加者や支援者を募ります!

 

私の活動が広まり協力者が集まればさらに北陸の医療をもっとレベルアップできると思います。

 

クラウドファンディングをやろうと思ったキッカケは▼以下の記事をご覧ください。

西野亮廣「革命のファンファーレ」講演会 in金沢のスタッフをしました!

 

4月1日に新年度のスタートダッシュを共に切りましょう!

スポンサードリンク 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です