首を回す時に痛い本当の原因は?筋膜の固さが原因でした!

スポンサードリンク




首が痛いと何をするにも困りますよね。

 

  • 後ろから呼ばれて振り返る時
  • PC作業を続けている時
  • ずっと本を読んでいる時

 

普段の仕事や、日常生活でも首が痛くなる瞬間ってたくさんありますよね。

 

病院にも首の痛みで受診するかたも多いです。

 

しかし、その人たちは開口一番に言いいます。

 

「接骨院で首つってたのになかなか治らないんだよねー」

 

首をつる=首を引っ張る、牽引器具の治療だけを受けてきた という人が圧倒的に多いです。

 

▼下の画像のような機械での治療ですね。

画像引用元 首の牽引は効果がないからちょっと待って!むやみに頚椎を引っ張ると余計に悪化する5つの理由 アクセス日2018/4/6  (https://karoma.jp/cervical-traction-aggravation/)

 

理学療法診療ガイドラインによれば、牽引療法は推奨グレードDです。

 

推奨グレードDとは、無効性や害を示す科学的根拠があるものです。

 

画像引用元 理学療法ガイドライン第1版 分割版 背部痛 アクセス日 2018/4/6 (http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/guideline/07_back_pain.pdf)

 

つまり牽引治療は、効果がほとんどなかったり、悪化する可能性が科学的に示されている」と言われています。

 

首を回す時の痛みがある場合に、原因を考えずただ牽引器具でひっぱるだけの治療でよいでしょうか?

 

答えはNOです。

 

首を回すと痛い時の原因と、その解決策について今回はお伝えします。

 

首を回すと痛い本当の原因は首の筋肉だけではない?

 

首の周りには筋肉がたくさんあります、そしてその筋肉の周りには筋膜があります。

 

この筋膜が硬くなっていることが痛みの原因なっていることが多いです!

 

しかし痛みを感じてる部分の筋膜をただマッサージするだけではよくなりません。

 

筋膜が硬くなっている理由を見つけて、痛い場所以外にもある筋膜の硬い場所を筋膜調整する必要があります!

 

今回は首を回す時に、痛みがあったWさんの筋膜調整による介入事例をお伝えします。

 

首を回すと痛いWさんの筋膜調整レポート

 

首を回すと痛いWさんの症状

 

痛みが出る動き
  • 首を右に回す時に首の右側に痛み
  • 下を向く時には首の後ろから肩甲骨にかけて痛み
  • 上を向く時にも首の後ろに痛み

 

(本人の許可を得て掲載)

(本人の許可を得て掲載)

(本人の許可を得て掲載)

首をどの方向動かしても痛みが出ていましたが、特に右に首を回す時の痛みが強いようです。

 

首が回る可動範囲は、右が左に比べて少し狭くなっていました。

 

首を回すと痛いWさんの過去の怪我

整形外科的な怪我

腱板けんばん付着部損傷ふちゃくぶそんしょう  (3年前)

首を回す時の痛み  (2年前)
▶︎2年間に3回繰り返している

 

Wさんは高校時代まで野球をしていました。

 

野球をしていた時から肩が痛かったようですが、3年前にMRIを撮影して腱板けんばん付着部損傷ふちゃくぶそんしょう、つまり腱が骨に付いているところが少し傷んでいる、と診断されたそうです。

 

首に回す時の痛みは2年前から、3度ほど繰り返していたようです。

 

毎回原因がわからず、日にちが経つとなんとなくよくなっていたようです。

 

過去の怪我から首を回す時に痛いOさんの痛みの原因を、腕から首周りの筋膜が硬いからではないか?と予想しました。

 

 

首を回すと痛いWさんの筋膜の状態

 

首を回すと痛いWさんの腕から首周りにかけて、入念に筋膜の状態をチェックしました。

 

触診して確認した結果、右の指の近くから腕にかけて、そして首の両側の筋膜が硬くなっていました。

 

この部分を入念に筋膜調整をしていくことにしました。

 

首を回すと痛いWさんに施行した筋膜調整とは?

 

筋膜調整とは何をするのか?疑問に思う人が多いと思います。

 

いつも一緒に筋膜の触診、治療の練習をしている木城拓也氏が作成した▼の動画がとてもわかりやすいです。

 

 

 首を回すと痛いWさんに筋膜調整を行った結果

 

指の近くを筋膜調整したあと下を向いた時、上を向いた時の痛みはほぼなくなりました。

 

その後、腕、首と筋膜調整すると、一番痛かった首を右に回す時の痛みもほぼ無くなりました!

(本人の許可を得て掲載)

(本人の許可を得て掲載)

(本人の許可を得て掲載)

 

筋膜調整前後の、首を右に回す動きは▼の動画をご覧ください。

(本人の許可を得て掲載)

筋膜調整後は首をどの方向に動かしても痛みはなくなりました!
本記事は広告目的のbefore,afterを表示しているものではありません。
筋膜調整の可能性を知ってもらうことを目的とした、筋膜調整レポートです。
画像、動画に関しては本人の許可を得て掲載しています。

 

まとめ

 

首の痛みは牽引治療をするだけでは、なかなか改善が得られないです。

 

首の痛みという結果に至るには、なにか原因が必ずあるはずです。

 

『過去の怪我から筋膜の固さを探し出して、筋膜調整する。』

 

北陸の痛みで悩んでいる方へ、『筋膜調整』という選択肢があるということを伝えるために、これからも筋膜調整レポートを更新し続けていきます!

 

お困りのことがあれば、些細なことでもお問合わせフォームから是非私にご連絡ください!

 

👉お問合わせフォーム

 

北陸以外で筋膜調整を受けてみたい方は、私が最も信頼する木城拓也氏のサロンをお勧めします。

 

 

筋膜調整の腕は確かなものです。

 

施術報告も数多くブログに掲載しています。

 

是非、首の痛みでお困りの方は一度 木城拓也氏の青山筋膜整体 理学BODYにお問い合わせてみてください。

 

その際、「当ブログ(理学療法士カタのカラダのカタログ)を見た」と言っていただけるとスムーズに予約ができると思います。

 

 

サロン 青山筋膜整体 理学BODY
電話番号 03-6712-6473
メールアドレス postmaster@kishiropt.com
代表者 木城 拓也
住所・最寄駅 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山608最寄駅:銀座線 表参道B2番出口より徒歩2分
B2番出口は階段になります。足の不自由な方はB4番の出口をご利用ください。
渋谷駅徒歩8分

スポンサードリンク 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です