二の腕のしびれ、腕の上がりにくさは筋膜が原因でした

スポンサードリンク




 

久しぶりに実家に帰ったので、親孝行も兼ねて父親の治療をしました。

 

筋膜マニピュレーション100人切りも11人目。

 

 

記事NGの方などもいるので、抜けはありますが、コツコツ、グリグリ進めています。

 

 

継続して介入させてもらえる機会も少しづつ得られているので、一回勝負ではなく、セルフケアまで伝えていきたいと思います。

 

 

セルフケアは一般的なストレッチングもお伝えしますし、筋膜の配列に沿った体操を指導することもあります。

 

 

参考にしているのは、日本での筋膜マニピュレーションの竹井先生の著書、自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド 筋膜博士が教える決定版 [ 竹井仁 ]です。

 

 

 

患者さんでも自分でご購入される方がいるくらいです。

 

それでは筋膜マニピュレーション100人切り11人目スタート笑

 

患者情報

 

Kさん

 

自営業

 

 

30年前から続く、頸部痛と1,2年前から腕を横から上げたと時に上腕にしびれがでるとのこと。

 

 

 

スポーツは中学時代に剣道、高校時代にテニス、就職してから現在まではゴルフをしています。

 

 

スキーは幼少期からシーズン毎にしていたらしい。そいえば自分も保育園ぐらいの時から毎年連れて行ってもらったような…..

 

 

既往歴

 

45年前  スキー中の右膝を木にぶつける ギプス固定約1ヶ月

 

 

30年前   鉄棒をしているときに頭から落ちてムチウチ様の症状 注射の治療のみ

以降右の頸部のだるさが持続的に出現

 

10年前  器械の刃でふくらはぎの外側を裂傷 5針縫う

 

 

4年前       ギックリ腰

 

 

1-2年前  腕を横からあげるときの上腕の重だるさとしびれ

 

 

 

骨折はなく、盲腸の手術をしています。

 

内科疾患は特にありませんでした。

 

仮説

 

右膝関節固定の影響や、右下腿の裂傷の影響も考えましたが、継続治療をすることと、ベッドがなく治療姿勢がつらい……(言い訳)

 

 

夜家では床に座って仕事をしており、スマホをいじるときも典型的なストレートネック。

 

 

今回は頸部から胸部、両上肢の評価していくことにしました。

 

評価

 

頸部は安静時からNRSで1-2程度の違和感があり、全方向の運動で違和感の増大を認めました。

 

 

ネチネチって音がするって。

 

 

 

肩の運動は前からあげるのも、横からあげるのも両方右が左と比べて可動域の制限があり、横からあげる際は90°を超えるあたりで上腕にしびれが出現します

 

 

 

頸部を屈曲するような代償も見られました。

 

 

肩甲骨の上方回旋も不足しているような印象です。

 

普段の自分ならどうするか?

 

 

肩甲骨上方回旋が足りない理由は?【筋】の制限?【筋出力】の問題?など色々考えます。

 

 

最近前鋸筋ってすごく大事なんだな、って臨床6年目にして再確認するほどまだまだ勉強不足ですが、【筋膜】にとらわれず、頭の中では色々仮説を立てながら、【筋膜】ではどう評価するかを考えました。

 

筋膜の評価

 

胸部から上肢にかけて【筋膜】が硬くなっているところが多かったです。

 

 

「父親も右と左で痛いところ違うなー」って言っており、評価の主観と客観はある程度一致していました。

 

 

配列で言えば前方と後方の【筋膜】が硬くなっていました。

 

 

外旋と内旋の【筋膜】も硬いところが多く、正直迷いましがたが前方の【筋膜】に他の部位へ放散するような痛みが出る場所があったので今回は前方と後方の配列を選択しました。

 

筋膜の治療

 

協調中心の治療

①右の上腕の前方、②右の大胸筋の近く、③右の肩甲骨と背骨の間、④右の上腕の後方

 

融合中心の治療

⑤右の三角筋の上腕骨の付着物、⑥右の頸部 顎関節の近く

 

結果

 


肩の横からの上がりも最後詰まり感はありますが、可動域は拡大。

 

 

横からあげる時の90°付近での上腕のしびれは無くなりました!

 

 

ただ、頸部痛は残存…..

 

反省点

 

過去2回の筋膜マニピュレーション100人切りを振り返ってみても、随伴症状は軽減するが、主訴が取りきれないことが多い。

 

 

自分はこの人はこの配列の【筋膜】が硬いだろう!という先入観があるからなのか?

 

 

いつも練習してくれる青山の相棒に相談すると、「主訴が取れないなら治療した部位は今回あまり関係なく、もっと他の配列を見たら?」とアドバイスをくれました。

 

 

青山の相棒のサロンです!→青山筋膜整体 理学BODY

 

 

 

確かに過去2回はどの配列か悩み、捻挫だからこっち!とか放散するらこっち!(これはセオリー通りですが)と評価にブレがあったのも事実。

 

 

評価がブレるのも自分の評価スピードが遅いのが原因なんで、修行量でカバーします。

 

 

もっと治療がうまく、早くなって困っている人を助けたい!

 

 

参考文献

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です