名刺交換お礼状の作成!できる理学療法士の先生はやっている

スポンサードリンク




名刺をもらうだけの日常

今年が始まってから研究のことで、Dr,PTを含めた会に参加させて頂いたり、当院開催の勉強会に全国からDr,PTが集まる事がありました。

 

研究の会ではしたっぱながら勉強会からその後の懇親会に参加させて頂きました。

 

当院開催の勉強会ではJRの運行情報確認係やカメラ係をしていました。

 

その中で、何人かの先生と名刺交換させてもらいました。

 

その場は同じスポーツの場で臨床・研究をする者同士話が盛り上がりました。

 

ここまでは、良かったと思います。

 

その次の日のメールボックスをみて僕はびっくりしました。

 

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V

名刺交換お礼状が届いた

「昨日の〜の会で名刺を交換して頂きました〜です」

という名刺交換お礼状が届いていました。

 

理学療法士だから,,,とか勝手に思って遠回しにしていた社会人としてのマナー。

 

なんかとても恥ずかしくなりました。

 

今まで一度も名刺交換お礼状は送った事なかったし、なんて返していいかも,,,,,,,,

 

前の職場の先輩を頼りに形を整えて返信だけはしました。

 

この衝撃が大きかったのもありますが、できる先生だな!って印象がぐっと強くなりました。

 

その人にとっては当たり前の事でしょうし、僕がすごいなって思わなくても、世間的にも認められていると思います。

 

でも僕は実績もないですし、知名度もない。

 

まずは名刺交換お礼状だったり、以外に他の理学療法士がしていいないけど、世の中の常識といったところをしっかり身につけて相手の印象に残るようにしていかなくては!と勉強できました。

 

今年5月の全国理学療法学術大会も採択されたので、名刺を交換する機会はあると思います。

 

その機会、一度一会を今まで以上により深いものにするための今日は名刺交換お礼状のテンプレートを作りました。

 

公開することはないでしょうが、どこかの学会で名刺を交換させていただく事があれば、見れるかもしれませんね笑

 

 

スポンサードリンク 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です